オーナーへメッセージ
プロフィール
猫龍隆
猫龍隆
ブログを書くきっかけとなった飼い猫のマロンさんは、2016年5月21日13時13分に永眠しました。12年間ではありましたが幸せをありがとう。
過去記事

2024年07月24日

「夕顔のあんかけ」 「めし泥棒」が美味しかった。






「夕顔のあんかけ」は、煮て丸鶏ガラスープ:大さじ2・醬油&いいちこ少々・卵1個・塩&味の素を一振り 水溶き片栗粉



薄っすら緑色は「ササゲ」です。


「めし泥棒」知らんかったけど美味しい。

【ふるさと納税】【ヒルナンデス 時短グルメ1位!】めし泥棒詰め合わせ / なめ味噌 みそ 味噌 調味料 常温 ギフト プレゼント 贈り物 / 南島原市 / 大平食品 [SAK001]

「キュウリ」が出来すぎますからタイムリーでした。




  
Posted by 猫龍隆 at 12:01Comments(0)TrackBack(0)ネコでもわかる

2024年07月24日

「謎うなぎ」と「うな蒲ちゃん」エスビー食品の山椒で😋

 

 


スーパーで市販されている「国産ウナギかば焼き」食べても、同封山椒の品質が良くないです。


【公式】S&B 旬の香り 国産 紀州有田産 ぶどう山椒 パウダー 袋入り 1.2g エスビー食品 公式 スパイス ハーブ 産地指定 国産素材

「うな蒲ちゃん」の蒲鉾風の味も、山椒で減ります。「謎うなぎ」もパンチの効いた味になります。

現時点でも、十分に「中国産ウナギ」の代用になります。



  
Posted by 猫龍隆 at 10:48Comments(0)TrackBack(0)ネコでもわかる

2024年07月23日

夕顔は飢饉に良い かてもの=救荒食品を庭で増やしたい。


庭の「タラの木」・「ヒメウコギ」は時期に美味しく頂いています。

我が家では他にも、カヤの実・クルミは保存してあり、トチ餅は実から自作し、ミツバ・青シソ・フキ・ヤブカンゾウ・ネギ他は自生している

「かんぴょう (干瓢)」について。いつ頃、なぜ、ユウガオ(夕顔)の実を干してかんぴょうを作り始めたのか、また、栃木県の特産品となった経緯も知りたい。
「畑作地帯では夕顔は、生野菜としても食用されていたが、乾燥させることによって軽い携帯食料として利用されたばかりか、長期保存にたえ、飢饉のときや、野菜不足の冬においても重要な食糧として利用することができることによって、さかんに栽培されていたのであった。」

今後もかかてもの=救荒食品で手軽なものは庭で増やしたい。カブ・人参・大根・チシャ(レタス)とか手軽なものからです。

  
Posted by 猫龍隆 at 17:41Comments(0)TrackBack(0)ネコでもわかる

2024年07月23日

初ササゲ マクワウリ&夕顔 空中越境カボチャ ハヤトウリ

 



今年は「ツルありインゲン」がサッパリです。






  
Posted by 猫龍隆 at 14:53Comments(0)TrackBack(0)ネコでもわかる

2024年07月23日

「かんぴょう」作り 干し網→1日目→1日目夜→2日目




市販の「かんぴょう」見て、内容量と値段に違和感を感じていました。

自分で作れば、誤りに気づきます。

栃木県の生産者の方々に、お詫びします・・・



  
Posted by 猫龍隆 at 13:04Comments(0)TrackBack(0)ネコでもわかる